話題

【話題】暗号通貨の取り扱いに古物商の免許は必要なのか?

投稿日:

仮想通貨をめぐっては、先の政府の指針で「モノ」として扱われるとの指針が出たため、古物商の免許が必要ではないか?との話題が出ていましたが、今回古物商に関して所管している警察庁としての回答の一つが得られたようです。

 

今回の回答はもなとれさんがの運営する取引所サイトである『もなとれ』において、先の政府指針でモノと認定された暗号通貨のデータ(bitcoin,monacoin,litecoin,primecoin)の売買を扱っているため、古物商が必要ではないか?との話から、所管をしている警察庁の窓口となる警察署にて相談をしたことによって得られたものです。

その回答がこちらとなります。

 

先ほど警察署にて暗号通貨の古物営業許可について相談してきました。 結論は「少なくとも現行法では暗号通貨等の現物のないモノに関しては古物には該当せず、営業許可は発行できないし、そもそも許可は不要」との回答を得ました。 #bitcoin #monacoin #もなとれ

— もなとれ (Mona Tore) (@monatr_jp) 2014, 3月 7

 

つまり、現行法において、「実物のないもの」は古物に該当しないとの認識が得られたことになります。

よって暗号通貨の絡むサイトにおいて、現状では所管する法律がないため、営業許可や免許といったものが現状では必要になるといったことはないということになります。

ただし、これはあくまでもなとれさんが相談された警察署においてだけの認識の可能性もあります。 もし、取引所等といったサービスを継続的に運営されるのであれば、見解の蓄積のためにも一度は居住地の警察署の窓口に相談に行ったほうがいいかもしれません。

投稿者プロフィール

monaf
mona digest管理人です。 現在はmonacoinを中心として、各種暗号(仮想)通貨の記事を書かせてもらっています。
記事にしてほしいネタは左のタレこみフォームを利用して投下してもらうと気付きやすいです。
monacoin:MMditkELuURZgDPduLDLGYArA15G7nWFo3

-話題
-, ,

Copyright© mona digest , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.