解説

【解説】ドメインを取得するにあたって注意すること ~お名前.com編~

投稿日:

月曜あたりに書くと言っておりましたドメインの件の記事です。 現在取得予定の方は是非参考になさってください。 今回は利用者が多いと思われるGMO系の「お名前.com」での注意点に関する解説です。

 

 

「お名前.com」※下のリンクはアフィリエイトリンクです

お名前.com

 

お名前.comにおいて注意すべきことは主には以下の2点です。

  • キャンペーン価格(更新料の存在)
  • Whoisサービス

順を追って説明していきます。

 

1.キャンペーン価格に関して

お名前.comでは定期的に(というかほぼ常時といってもいいくらいに)キャンペーンが行われています。

6/21現在ですと「.xyz」や「.asia」のドメイン取得料金が150円、「.co」や「.info」のドメイン取得料金が380円などといったキャンペーンが行われています。

が、これらのドメインの取得には実は落とし穴があります。(.asiaと.coなどが主にあてはまります)

ここで各ドメインにかかる料金として「取得料」「更新料」があるということが重要となります。

実はこのキャンペーン価格は「取得に関する料金」に関してなのです。 更新料金に関しては別途価格が設定されているのです。

では、取得と更新にかかる費用を見て見ましょう。

「ドメインの種類と料金一覧」 - お名前.com

http://www.onamae.com/service/d-price/

これを見ていきますと、更新料が取得と比べてかなり跳ね上がっているドメインが存在することがおわかりいただけると思います。

また、一つの基準となる.comより高い更新料となっているドメインも存在することも見えてきます。(.jpなど、そもそも取得に費用がかかるドメインもありますが・・・)

例として以下にいくつか代表的なものをまとめておきます。(その他は上のサイトにて確認ください)

 ドメイン名 取得費用 更新費用 取得料との差額 .com更新料との差額
.com 920 920 0 -
.net 600 920 320 0
.info 380 990 610 70
.xyz 150 1,280 1,130 360
.asia 150 1,980 1,830 1,060
.co 380 2,980 2,600 2,060

 

上のように更新費用は基本的に取得よりも高い料金となっていますが、そのなかでも「.asia」と「.co」は取得料とかなりの差があります。(もとが安いので当たり前ですが・・・)

軽く各ドメインを説明すると、

.comはスタンダードなドメインのために料金的に特に安いといったことはありません(.jpなどに比べれば安いです)が、ドメインの使用量が圧倒的に多いため事業展開も視野に入れている場合は第一の選択肢となるドメインです。

.netに関しては、.comより取得料金が安いうえに更新料が.comと同じ水準のため、バランスをとりつつ取得するならこれが第一候補になります。

.infoは.comとの更新料の差額も小さく、安くドメインを取得できるため他がだめな場合などの選択肢の一つとなりえます。

.xyzは4年程度までは.comより安く済むため、使い方などによっては選択肢としてありかと思われます。

.asiaや.coはもはやトラップ同然ですので、取得は単年度での運用を行うものやドメインそのものに意味がある場合など、明確に意図がある場合を除いてはあまりお勧めできないものといえます。

ただしドメインは必ず空いているとは限らないため、人気ワードでは空いているドメインを探す必要があります。

このことを理解したうえで、各種ドメインの契約を行う必要があります。

 

 

2.whoisサービスに関して

さて、お名前においてドメイン契約時に以下のような事を聞いてくることをご存じな方もいらっしゃるかもしれません。

Whois情報公開代行 (新規登録と同時なら無料!)

結論から言えば、本格的にドメインを運用する場合等の例外を除いては申込時にチェックの上で契約することを強くお勧めします。

実はこのサービス、ドメイン取得後に追加すると有料なサービスです。(1ドメインあたり年間980円かかります)

申し込み忘れても条件付きで無料で使えなくはないのですが、維持が非常に面倒なので取得時に申し込んでおくことを強くお勧めします。

ただし、このwhois公開代行を使用できないドメインもあります(お名前の場合は.asiaや.orgなど)ので、注意が必要です。

 

そもそもWhoisとは何なのか?というと、ドメインの所有者の情報を調べられるもの(いわば電話帳)です。

読者の方が利用しているwindowsのコマンドプロンプトやlinuxのターミナルでも環境が整っていれば「whois ドメイン名」で調べることができます。(whois検索はwebサービスも存在します。)

では、一例として「onamae.com」のwhois 情報を表示してみたのが以下のものです。

Server Name: ONAMAE.COM.FAB-EFL.COM
IP Address: 64.71.35.41
Registrar: OMNIS NETWORK, LLC
Whois Server: whois.omnis.com
Referral URL: http://domains.omnis.com

Domain Name: ONAMAE.COM
Registrar: GMO INTERNET, INC. DBA ONAMAE.COM
Whois Server: whois.discount-domain.com
Referral URL: http://www.onamae.com
Name Server: DNS.INTERQ.OR.JP
Name Server: DNS1.INTERQ.OR.JP
Status: clientDeleteProhibited
Status: clientTransferProhibited
Updated Date: 01-dec-2013
Creation Date: 17-dec-1999
Expiration Date: 17-dec-2014

このように、ドメインの所有者の組織名などを調べることが可能なサービスです。 ですが、ここには追加で個人情報が表示される場合もあります。

The Registry database contains ONLY .COM, .NET, .EDU domains and
Registrars.
Domain Name: onamae.com
Registry Domain ID:
Registrar WHOIS Server: whois.discount-domain.com
Registrar URL: http://www.onamae.com
Updated Date: 2013-12-02 00:16:32.0
Creation Date: 1999-12-17 15:37:03.0
Registrar Registration Expiration Date: 2014-12-17 06:37:02.0
Registrar: GMO INTERNET, INC.
Registrar IANA ID: 49
Registrar Abuse Contact Email: abuse@gmo.jp
Registrar Abuse Contact Phone:
Domain Status: ACTIVE
Registry Registrant ID:
Registrant Name: GMO Internet, Inc.
Registrant Organization: GMO Internet, Inc.
Registrant Street1: 26-1 Sakuragaoka - Cerulean Tower
Registrant Street2:
Registrant City: Shibuya-ku
Registrant State/Province: Tokyo
Registrant Postal Code: 150-8512
Registrant Country: JP
Registrant Phone: +81.0354562555
Registrant Phone Ext:
Registrant Fax:
Registrant Fax Ext:
Registrant Email: admin@onamae.com
Registry Admin ID:
~~~~一部省略~~~~
>>> Last update of WHOIS database: 2013-12-02 00:16:32.0 <<<

 

このように、電話番号や住所などといった情報がwhoisにて検索可能となっています。

これらを登録しておくことはドメイン登録にあたっての義務なのですが、こういった情報が公開されるのは困る方がいるのも事実です。

そこで存在するのがwhoisガード、あるいはwhois情報公開代行と呼ばれるサービスです。

これはドメイン取得者の情報を掲載する代わりに取得業者の情報を掲載できるサービスです。 これにより外部には個人の情報が公開されることなくドメインの運用が可能となるわけです。

その代わり、(当たり前ですが)業者に対しては正確な情報を提供しておくことが求められます。

その他詳しいことはこちらも参照してください。

「Whois情報公開代行」 - お名前.com

http://www.onamae.com/service/d-regist/option.html

 

 

ドメイン取得にあたっては継続的に運営するのか? それとも短期間使用するのかでだいぶ方針が変わってきます。 長期間運営する予定のあるサービスを作成する場合は、取得費用だけでなく更新費用にも注意するようにしましょう。

投稿者プロフィール

monaf
mona digest管理人です。 現在はmonacoinを中心として、各種暗号(仮想)通貨の記事を書かせてもらっています。
記事にしてほしいネタは左のタレこみフォームを利用して投下してもらうと気付きやすいです。
monacoin:MMditkELuURZgDPduLDLGYArA15G7nWFo3

-解説
-

Copyright© mona digest , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.